読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urulog

ゆるログ。まだ方向性が定まっていませんが、ゆる〜くブログ始めてみます。

タイ人の気質、日本人の気質。

タイ人の気質

タイ人の気質を例えるときによく聞く話。

 

タイは南国なので、マンゴーやバナナ、パパイヤが年中採れて、

お米も1年間に三毛作くらい作れるので贅沢をしなければ生きていける。

冬が無いから、冬が来る前に冬支度をしなければ〜・・・みたいな時間的感覚がなく、納期感覚がないので、納期・時間を守らない。

 

f:id:urulog:20160911155337j:plain

 

まぁ、確かにそういうところもあるかもしれないけど、私はあまりこの例えは好きじゃないですね。なんかあまりにも馬鹿にしているような気がして。

 

でも、気候が人間の人格形成に与える要素は大きいですよね。

温かい国の人はおおらかだし、寒さが厳しい国の人は哲学的な感じになるし。

でも、タイの「マイペンライ(=大丈夫、気にするな)」と許容する文化が私は大好きです。

 

じゃあ、日本人の気質はどうかというと、私が思うには・・・

  • 農耕民族なので、横の繋がりが大事
  • 村八分にされると生きていけないので、人と違うことはしない。みんなと一緒が一番いい。

みたいな同調圧力的な気質がありますよね。

ちょっと今、仕事でうんざりすることがあったので、少しひねくれた見方になりますが、こういう所が日本のマイナスポイントだと思います。